モンストななみんわくわくのみ 中将は、航空機を セブ島 に退避させ、司令部は バレンシア に後退することと決めた [44] 。しかし、敵上陸に確信が持てなかった一航艦隊 猪口力平 首席参謀は 小田原俊彦 参謀長と松浦参謀に、ダバオ第1飛行場に残った零戦で湾内を偵察するように指示、また猪口の指示とは別に、空副長 玉井浅一 中佐も零戦で偵察飛行をした結果、10日夕方になって、敵上陸はまったくの誤報であることがわかり、「敵上陸の報告は全部取り消し」と慌てて全部隊に打電している [注釈 栗田艦隊 突入 [45] [46] [47] [48] [49] [50] 加計学園 石破 [注釈 12] [51] )と呼ばれるようになった。この誤報によりセブ島に集中していた航空機のうち、ダバオへの帰還が遅れた約機が9月12日にアメリカ軍の空襲を受けて、地上で80機を撃破されるという大失態を演じている [52] 。." />

栗田艦隊 突入

公開日: 17.09.2021

とされた。錬成は飛行機補充の遅滞などで遅れ気味ではあったが、それでも第三・四航空戦隊で9月末までに機の航空戦力が作戦可能になる目途がついていた [14] 。. 反転を決断するきっかけとなった、南西方面艦隊から発電されたとされる「スルアン灯台5度浬ヤキ1カ機動部隊アリ」は他の戦闘詳報には記載がなく、誰が打ったのか、本当に存在したのか議論が続いている。大和戦闘詳報にしか記載がないことから、栗田艦隊の 捏造 であると 小島清文 [] や 深井俊之助 [] などは主張している。. 被雷落伍した熊野に替わり 鈴谷 が先頭に立った。しかし同艦もまもなく敵機の襲撃に遭い左舷後部に至近弾を受ける。これにより左舷の推進軸の1つが使用不能となり速力が23ノットに低下、鈴谷も隊列から落伍した [] 。7時32分、第七戦隊司令の 白石萬隆 少将は3番艦 筑摩 艦長の 則満宰時 大佐に指揮の一時代行を指示、また同司令は鈴谷の損傷に気づかず熊野からの旗艦移乗を考え接近を命じる。白石司令が鈴谷の損傷に気づいたときは既に筑摩、利根ともに大分先方に進撃しており、呼び戻すわけにもいかなかった。そのため旗艦を鈴谷に移乗した後、戦隊を追尾した [] 。.

珊瑚海海戦 ポートモレスビー作戦 ラビの戦い ビスマルク海海戦 カートホイール作戦 ラエ・サラモアの戦い フィンシュハーフェンの戦い アドミラルティ諸島の戦い ホーランジアの戦い 竹一船団 ビアク島の戦い 渾作戦 アイタペの戦い. まず、水上艦艇の能力を活用した作戦であるにもかかわらず、その中核である 大和型戦艦 については日本海軍内でも作戦を計画・指揮する部署にて正確な情報が共有されていなかった。長官の栗田中将は「主砲口径が46cmであることを知らなかった」とアメリカ軍の調査団に陳述している [] 。第二艦隊の砲術参謀も同様で、艦隊の参謀団の全員或いは大半が、指揮下の戦艦の攻撃能力を知らなかった可能性が高い。戦後の一時期、大和型戦艦の攻防力は極端なまでに高く評価される傾向があり、史料批判に熱心だった大岡昇平も「「大和」の超大口径主砲がものをいって、オルデンドルフの旧式戦艦群6隻をアウトレインジ出来たかもしれない」と指摘し [] 、佐藤和正もこの可能性には言及している [] 。しかし、上記の証言は後世指摘される46センチ砲弾の威力、46センチ砲対応防禦といった要素を計算に入れて作戦を行うことが、艦隊司令官には不可能であることを示している。.

侵攻するアメリカ艦隊を懐に誘い込んで一大決戦を行い、これを壊滅することを意図した あ号作戦 (マリアナ沖海戦)は、日本機動部隊が空母3隻と艦載機、搭乗員の大半を失うという返り討ちの大敗北に終わった。大本営では直ちに攻撃を受けたサイパン島を奪回することが検討されたが、正規空母約10隻・特設空母約15隻・戦艦10隻以上・巡洋艦10隻内外・駆逐艦数10隻と見積もられたアメリカ軍機動部隊に立ち向かえる戦力は海軍にはすでになかった。それでも軍令部は以下のような奪還作戦を立案した。. 駆逐艦 ホーエル は金剛に向かって突進、金剛も応戦し7時25分に艦橋に命中弾を受ける。ホエールはそれでもひるまず7時27分に4本の魚雷を発射、金剛は7時33分にその魚雷を発見し回避している。ホエールはその後も被弾し続け罐室や砲が破壊されたが、それでもひるまず突進し7時55分に残りの魚雷を重巡羽黒に向けて発射、羽黒は7時57分にこれを回避している [] 。駆逐艦 ヒーアマン はホエールに後続して接近、7時54分に羽黒に対して魚雷攻撃をかけるが回避され、逆に羽黒から集中砲撃を浴びる、更に遠方より金剛、榛名、大和、長門が接近してくるのが望見され、ヒーアマンは8時に残りの魚雷を榛名に放ってのち退避した [] 。.

この様な状況の変化により第五艦隊の横須賀進出は解除され、電探装備工事の為残る阿武隈から木村昌福少将は旗艦を薄雲に移し28日に出港、志摩中将も翌日には残りを率いて出港し7月1日には大湊に帰還した。しかし第五艦隊司令部は切迫した戦況から次の作戦には第五艦隊も投入されるだろうと推測し、陸奥湾において猛訓練を開始した [27] 。.

41321,? 15,m25,m34,35,m10m. 924 [55] [56]. LCCN : 栗田艦隊 突入 NKC : ph 1027 [] 436 USS Sealion, SS CV. [ 29] [] 3 [] 851 [] [] fate 第6次聖杯戦争 .

ソ連対日宣戦布告 樺太の戦い 牡丹江の戦い 麻山事件 葛根廟事件 占守島の戦い 三船殉難事件 敦化事件 真岡郵便電信局事件 北方領土問題. 反転については 左近允尚敏 もコメントしている [] 。左近允尚敏は西村中将が繰上げ突入を独断したことについて、何の戦果もなく全滅したことを批判し、明るくなってから攻撃するべきだったと述べた。. この後、翌11日まで南西方面艦隊司令部員と打ち合わせが行われ、リンガ泊地に帰着後翌日に第一遊撃部隊所属の司令官・艦長らに作戦説明が行われた [23] 。従来の方針から大きく異なる水上艦艇による輸送部隊攻撃の作戦に現場指揮官達は唖然とし、不満、非難の声がでたが、それを抑えて泊地内に突入して攻撃することを念頭に置いた訓練計画を作成。小柳少将の陳述では下記の5種に区分して実施したと述べている [24] 。.

戦史に見る意思決定プロセス~日本海軍の決断(4)レイテ沖海戦・栗田健男

Navy's Finest Hour, p. 次に、艦隊司令官の裁量は一般に考えられているより狭い面があった。6月29日、木更津沖の大淀にある連合艦隊司令部を訪れた第二艦隊参謀長の小柳富次少将は次期方針の打ち合わせに関係して艦隊旗艦を従来慣例となっていた愛宕から、通信能力・防御力に優れた大和型戦艦、特に旗艦としての司令部施設に優れる武蔵とする要望を上申した。しかし連合艦隊参謀長の草鹿中将は第二艦隊が夜戦部隊であり速力の遅い大和型戦艦を旗艦にはできないこと、第一戦隊を中核に艦隊の別働隊を作る計画があることを理由として却下された [] [] 。その後、愛宕は潜水艦の雷撃で沈没し、艦隊司令部は作戦中に旗艦を大和に変更することとなった。このことが後の通信不達問題を多発させた背景として指摘され、既にサマール海戦中適切な指揮ができなかった一因として佐藤和正などが指摘している(詳細は下記)。なお、この後に武蔵は航空攻撃により撃沈されているが、旗艦ではなく、輪形陣の中心に配置されていなかったこと(被害担任艦を期待されたとも言われる)には注意が必要であろう [注釈 42] [注釈 43] [注釈 44] 。3点目として、仮にこれら全ての不利を覆して栗田艦隊が船団を撃破できればアメリカ軍のレイテ島攻略、延いてはフィリピン諸島攻略に一定の影響を与える可能性は指摘される。しかし、揚陸した部隊への艦砲射撃は作戦計画に含まれておらず、行なうとしても現場指揮官の裁量となり、 真珠湾攻撃 の基地施設破壊と同質の現場指揮官の権能にまつわる問題が生じる。.

これに関連して松井宗明によれば、艦艇は秘匿性が要求されたり遠距離の特定海域から本国に通信する場合などは八木アンテナなどの指向性アンテナを用いるが、通常は無指向性アンテナを使用する。マストや上部構造物を利用して展張する展張型アンテナは、ほぼ無指向性である [] 。. 詳細は「 捷号作戦 」を参照. ブルネイでの当初の計画では、25日5時半にスリガオ海峡の南口に到着する予定であったため、これは4時間も突入時刻を繰上げていることになる。この繰上げがいかなる情勢判断のもと行われたのかは長官の西村中将以下第二戦隊司令部要員が総員戦死しているので不明である [注釈 神さま の 言う とおり エロ 。この通信に対し、栗田艦隊は21時45分「予定通りレイテ泊地に突入後、25日スルアン島北東10浬付近において主力と合同」と返信し、単独突入を容認した [注釈 24] が、連合艦隊司令部からの返信はなかった。大和(第一戦隊)は第五艦隊電文(22時45分受信)として「第二遊撃部隊はスリガオ水道南口通過速力26ノットで突入予定」を記録している 夢占い スマホ 。.

この戦いで日本側は一方的に攻撃を受けるだけで基地上空での 邀撃戦 に終始し、何ら敵艦隊に打撃を与えることはできなかった。その反面一航艦の実働兵力は機から63機に激減し、駆逐艦 皐月 や水上機母艦 秋津洲 などの艦艇7隻、船舶31隻を損失、第一遊撃部隊の出撃時に補給する燃料としてマニラに準備する筈の燃料3万tも失われた [53] 。海軍と共同する陸軍の現地航空部隊である第四航空軍も約機からほぼ全機が失われた [54] 。.

また、台湾沖航空戦で空母艦載機まで投入して消耗したため、第四航空戦隊に組み込まれていた 隼鷹 ・ 龍鳳 の当面の出撃が諦められた。また、第一航空戦隊を編成していた 雲龍 ・ 天城 は竣工して間がなく、訓練未了を理由に温存された。これらの戦備が完全に整っていればマリアナ沖海戦並の艦隊航空兵力によって牽制を行えたことになるが、実際には燃料の不足などによる搭乗員大量養成訓練の遅延、アメリカ軍の急激な反攻などにより台湾沖航空戦以前にも行われていた(或いは行わざるを得なかった)杜撰で刹那的な兵力投入での損耗などで、既に想定よりも大きく戦力は低下しており、同航空戦により止めを刺された形となった。更にこの航空戦での敗北による稼動機の激減が、航空機の体当たり攻撃、即ち 特別攻撃隊 投入決断への決定打となった。特別攻撃隊に関しては後述する。.

  • この戦いで日本側は一方的に攻撃を受けるだけで基地上空での 邀撃戦 に終始し、何ら敵艦隊に打撃を与えることはできなかった。その反面一航艦の実働兵力は機から63機に激減し、駆逐艦 皐月 や水上機母艦 秋津洲 などの艦艇7隻、船舶31隻を損失、第一遊撃部隊の出撃時に補給する燃料としてマニラに準備する筈の燃料3万tも失われた [53] 。海軍と共同する陸軍の現地航空部隊である第四航空軍も約機からほぼ全機が失われた [54] 。. この時の軍令部の状況認識も第一遊撃部隊と同様であった。まず機動部隊本隊からのこの日の報告電文は軍令部にも未達が多くあり、この時点で届いていたのは番電の敵艦上機の触接を受けたというのと、番電の旗艦が大淀に替わったという報告との2通だけであった。しかし、これらはハルゼー機動部隊の誘致成功を示唆する内容ではなく [注釈 30] 、そのため大本営でも機動部隊本隊の敵の北方誘致が成功したかどうかは全く判断できなかった [] 。また「スルアン島灯台の5度浬」付近に時敵空母3、戦艦多数ありとの情報はこの時軍令部も把握しており、昨夜サンベルナルジノ海峡東方にいた敵機動部隊は南下したと考えていた [] 。そのため反転北上の報告を聞いた 伊藤整一 軍令部次長は即座に「それは却って危険だ」とコメントしたという。これらの状況判断により、第一遊撃部隊からレイテ湾突入を取りやめて反転北上をする旨の電報が届いたとき、軍令部も連合艦隊もこれに対する措置は何も執らなかった。現場指揮官が状況に応じて判断した措置を、遠く離れて状況を知らない司令部がそれに対して指示を与えることは現実問題として不可能だったからである。また上述のように機動部隊本隊が引き付けに成功していることを軍令部も連合艦隊も知らないので、彼らは第一遊撃部隊は単独でアメリカ軍全力を相手にしていると考えてすらいた [] 。.
  • 実際のところ、上陸船団に十重二十重に支援艦隊がつけられるのは軍事常識であり、日中戦争や開戦初期の日本軍の侵攻作戦でも行なわれてきた事例が複数ある。ハルゼー機動部隊を北方に誘致したとしても、ハルゼー大将が支援戦力も全て引き連れて北上するような軽率な判断をするとは考えられなかった。実際ハルゼー機動部隊 第3艦隊 と上陸支援をするキンケイドの第7艦隊は別個の独立した艦隊であり、ハルゼー大将が北上したのも船団は第7艦隊が護衛すると考えたからである。栗田艦隊がそういった支援艦隊と接触する可能性は極めて高く、囮作戦の成否に関係なくそれらと交戦することは十分考えられた。栗田中将は開戦以来数多くの作戦に参加し、通商破壊作戦で戦果も挙げ経験がある提督であり、そういった支援部隊を排除しないと突入は覚束無いことを認識していた。論者の中にはこういった支援戦力を無視してでも突入をするべきだったというのもいるが、損害を無視して目的を貫徹するというのは、船団に接触する以前に全滅するほどの損害を受けるリスクを無視しており、達成が不可能となるもので前線指揮官として正しい選択とは言えない [注釈 65] 。.

6172210710618445 []. 207 6943 [77] 21 [78] 492014 2510 [79] 天使のオラクルカード無料. 192326 8113 []. Sign in.

第2次世界大戦のifのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

今村均 陸軍中将が指揮する 帝国陸軍 第16軍 が上陸したバンタム湾は狭隘で暗礁が多く、その中に日本の輸送船、護衛の第3護衛隊(第五水雷戦隊基幹)の艦艇がひしめいていた。暗夜、その中に第七戦隊の重巡4隻が突入するのは危険であり、救援に赴いた「 最上 」艦長も「戦闘海面は殊の外狭く、あちこちに島や暗礁があって暴れまわるにはすこぶる窮屈」と後に報告している [4] 。.

真珠湾攻撃で撃沈された軍艦が蘇った米戦艦隊による猛烈な丁字攻撃により西村艦隊は全滅した、それはまさに真珠湾攻撃に対する復讐だった 『 昭和史の天皇 レイテ決戦(上) 』読売新聞社編(角川書店)より引用. 砲弾については戦艦には砲弾が残されているものの、重巡は砲弾や魚雷をかなり消費していたと記されている [] 。羽黒は二番砲塔を失い、四番砲塔は弾薬切れ、健全3砲塔で残合計発 [注釈 38] 、利根も発と4割近い砲弾を消費している [] 。一方魚雷については、羽黒は全弾発射し利根も4本を発射している [] が、水雷部隊は駆逐隊全艦などによる統制雷撃を行っていない。第十戦隊旗艦矢矧は9時5分にアメリカ護衛空母群に向けて魚雷7本(1本は不発投棄)を発射し、第十七駆逐隊も矢矧からの「発射本数四トス」の命令に従って同時刻に魚雷16本を発射と報告 [] 。うち磯風は魚雷8発を発射したと同艦水雷長が記録しており [] 、第十戦隊の発射魚雷数は27本である。残魚雷は、矢矧7本(3本機銃掃射で使用不能)・第十七駆逐隊32本(磯風計算外。実数28本) [] 。軽巡洋艦能代が率いた第二水雷戦隊の魚雷残量は第十戦隊より多い。.

改装まもない頃の戦艦山城の雄姿 山城 戦艦 :wikipedia より引用.

16 34 [4]. [32] [22] ………… [18] [33] 30 [34]. 栗田艦隊 突入 253339543 [] ポンタ ナンプレ. FS - - ? [] [] .

武蔵にはアメリカ軍機16機が襲い掛かり、うち7機を撃墜するが雲を利用した艦首尾両方向からの爆撃により2発が命中し5発が至近弾。続いて左舷方向からの雷撃を受け3本が命中した [] 。この攻撃で武蔵の速度は22ノットに低下し左に5度傾斜、第二水圧機室が浸水するも右舷への注水により傾斜は1度まで復原した。2発の直撃弾のうち左舷に命中した1発は中甲板まで貫通し炸裂。その火炎が第2機械室、第10・12罐室に侵入し設備を破壊した。第2機械室では蒸気管が一部破壊され蒸気が噴出、第2機械室は放棄され武蔵は3軸運転を余儀なくされる。以後武蔵は艦首をやや下げた状態となり速力が低下、艦隊から次第に落伍し始める [] 。.

大和主計長で当時艦橋にいた石田恒夫少佐によれば、「参謀長、敵は向こうだぜ」という宇垣の指摘に対し、栗田は「ああ、北へ行くよ」と答えたという [44] 。大谷藤之助参謀が「参謀長、回れ右しましょう」と進言し、小柳富次参謀も同様に栗田に進言、栗田が頷いた瞬間、宇垣が振り向いて「参謀長〜」「北へ〜」のやりとりになったという [45] 精霊救出 極 末松虎雄 参謀も確認したので宇垣第一戦隊司令から「北東の敵を討つべく直ちに反転すべき」という意見具申もでたが、栗田はレイテ湾への進撃を継続させたという主張もある [46] 。. 不調に終わった第一攻撃集団にかわって一矢報いたのが彗星12機からなる奇襲攻撃部隊であった。同隊は単機毎に発進し、その一部がシャーマン隊の上空まで到達。雲の上で旋回し、雲に隠れたりしながら機を窺っていた彗星1機が9時38分、軽空母 プリンストン に対して急降下爆撃を仕掛ける。同機は直後に撃墜されるが、爆弾は船体中央に命中し、飛行甲板と格納庫を貫通して乗員区画で爆発した。爆発自体による被害は軽微だったが、ちょうど格納庫内で出撃準備中だった雷撃機が誘爆、格納庫内の火災が延焼、魚雷への誘爆による爆発といった想定外の連鎖的破壊が生じた。軽巡洋艦 バーミングハム が主導する救援活動により鎮火しつつあったものの、13時30分頃に日本軍の潜水艦等の目撃情報 誤報 があったことから救援活動は一時中断、その間に状況はさらに悪化してしまった。15時23分、魚雷庫に格納されていた大量の爆弾が誘爆し、艦尾を吹き飛ばした。この爆発は隣接中の救援艦をも巻き込み大損害をもたらした。救援活動は約8時間にわたり続けられたが、日本軍の夜間攻撃と任務部隊のさらなる被害が懸念され、ついに放棄せざるを得なくなった。プリンストンは味方艦の雷撃によって処分された。彗星隊は5機が未帰還となった。.

詳細は「 ダバオ誤報事件 」を参照. 第二遊撃部隊(通称志摩艦隊)は西村艦隊に後続して進撃していた。長官である志摩中将は栗田艦隊の苦戦の情報は得ていたが西村艦隊が空襲を受けたなどの情報は得ていなかった。そのため長官は西村艦隊ともどもスリガオ海峡から突入する部隊はまだ敵に発見されていないと判断していた [] 。. 詳細は「 マリアナ沖海戦 」を参照. 機動部隊本隊にはこの時点で空母は瑞鶴・瑞鳳・龍鳳・隼鷹・千歳・千代田の6隻に航空戦艦が 伊勢 ・ 日向 の2隻。これに8月上旬に 雲龍 ・ 天城 が、10月中には 信濃 が完成予定であり、日本がアメリカ軍侵攻と予定する11月中にも空母戦力としてはある程度揃う予定ではあった [13] 。しかしそれに搭載する艦載機と搭乗員の補充錬成は絶望的であり、間に合うかは疑問であった。それでも作戦要領が発令されて後の8月10日より、急速錬成が開始された。その再建目標は.

[] 127152. []. mixi. Battle of Surigao Strait. 532418132 [] .

実際、米軍が西村艦隊への攻撃を行わなかったのは、西村艦隊の動きを把握できなかったからではありません。米軍は旧式軍艦2、重巡1、駆逐艦4の 7隻からなる西村艦隊を弱小部隊と見なし、あえて航空攻撃を行うことなく、スリガオ海峡まで引きつけてから水上部隊にて壊滅させようと計っただけのことです。米攻撃機は西村艦隊ではなく、タクロバンの日本軍に振り向けられました。. 主な戦いを終えた10月25日18時時点の日米艦隊の動き 『 レイテ沖海戦 』半藤一利著(PHP研究所)より引用. mixiユーザー 年07月24日 オーストラリア空襲 ダーウィン空襲 シドニー港攻撃.

mixi. [] 127152. Please enter your name here.

読むことをお勧めします:

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2021 thislillightomine.com | 利用規約 | 連絡先 |